難しいことははじめにやってしまう

記憶力アップのための1方法として、勉強の順番を考えてみましょう。
私たちは、たいていはテキストに書いてある順や講義で教わった順に勉強するものですが、これを考え直してみてはどうでしょうか。

人は、ある情報の固まりを記憶する際に、最初と最後の方をよく憶えています、
このことを心理学では「系列位置効果」(初頭効果・新近効果)と呼んでいます。
(英語では「シリアル・ポジション・エフェクト」と言います)

位置効果で記憶力アップ

この効果を考えれば、覚えにくいことや難しいことを最初に勉強すれば、効率的に記憶することができることになります。
脳がフレッシュで複雑な内容でも取り組みやすいときに、いちばん難しい内容にチャレンジするのです。
そして最後には、最も重要な部分を復習する、という風にすると理想的です。

記憶力アップのためのエクササイズ~勉強する順番を考える

ある特定の問題について勉強するときには、5分から10分時間をとって、勉強する順番を考えてみましょう。
ざっと全体を見て、難しいところ、重要なところをピックアップします。
そして、いちばん難しいところから勉強をはじめましょう!

系列位置効果で記憶力アップの関連記事

記憶には最初が肝心