知識を整理して体系化することで記憶できる量は飛躍的に高まる

情報はそのまま覚えるのはたいへんですが、
整理して体系化することで、
格段に記憶しやすくなります。

これを説明するのに欧米でよく知られている例がありますので、そのまま紹介します。

【問題】次の20個の単語を覚えてください
ジャケット、週、トラック、ビーフ、緑、青、ポーク、分、ブラウス、自転車、日、ズボン、バス、チキン、黒、シャツ、黄色、ラム、時、バイク

トラック

「知識を整理して体系化することで記憶できる量は飛躍的に高まる」の続きを読む…

覚えたいものと既存の知識を関連付ける

なにか新しい情報を受取ったとき、あなたが既に知っていることと関連付けることで、その情報の記憶は強く残るようになります。

たとえば、wonder(感嘆する:動詞)という単語に出合ったとき、wonderful(すばらしい:形容詞)を知っていて、wonder+fulの語幹の部分なんだなとわかれば、割と簡単に記憶できてしまうと思います。
*もっと良い例がたくさんあるのですが、慌しいなかで書いているもので、思いつきませんでした。スミマセン。

ジグソー

「覚えたいものと既存の知識を関連付ける」の続きを読む…

五感を全て使って記憶する

あなたも英単語を覚えるときは、本で見るだけではなくて、声に出して読んだり、書き出したりしたと思います。
このように目だけでなく、耳や口や手なども使って、五感をフルに働かせた方が記憶しやすいことは、私たちは経験的に感じています。

五感を使った方が記憶しやすい理由としては次のように説明されます。

5感を使って本を読む

「五感を全て使って記憶する」の続きを読む…

観察する力を上げて記憶力アップ

あなたが人に何か聞かれて覚えていなかったときに、その理由が忘れたというものではなくて、もともとちゃんと見ていないだけ、聞いていないだけの話であることは、日常よくあることです。

たとえば、うわの空で聞いた人の名前、となりの異性のことが気になって仕方がなかったときに受けた授業の内容などです。

脳にしっかり保存されなかったので、脳の記憶の引き出しから取り出せないというわけです。

それだけでなく、私たちはしっかり見ているつもりでも実はたいして見ていないものです。
もっと観察して情報を明確に整理された形で脳にインプットすることで、私たちはもっともっと記憶力を高めることが出来ます。

観察力と記憶力

「観察する力を上げて記憶力アップ」の続きを読む…

催眠で記憶力アップ

よく私たちは全てを潜在意識に記憶していると言います。だから憶えていないのではなくて、思い出せないだけなのだと…。
この考えでは、潜在意識にアプローチすることで、いくらでも記憶力を高めることができることになります。

潜在意識にアプローチする方法はいくつかありますが、代表的なものは催眠ですね。

催眠で脳の働きをよくして、記憶力を高めるようにプログラムしてあるCDがありましたので、紹介させて頂きます。

催眠で記憶力アップ

「催眠で記憶力アップ」の続きを読む…