いろんな人と幅広く交流する

人間は社会的動物と言われますが、私たちはもともと他の人と交流しながら生きるようにできています。

専門家は、他の人と交流することは、脳に対して複雑な働きを要求することであり、素晴らしい脳トレーニングだと言います。

人付き合いの良い高齢者は認知症になりにくいことはよく知られていますが、若い人の脳の健全な発達にも、いろいろな人との交流が必要です。

交流が脳の認知機能の発達や記憶力アップに関わっている

「いろんな人と幅広く交流する」の続きを読む…

きちんと記録する

なんでもメモしたりして記録を取るようにすることは、記憶力アップだけでなく、あなたの脳の全機能を高めるのに役立つ重要なTips(コツ)です。

メモを取ると、手や目を使うので
1)内容に対してより集中できる
2)脳に情報を刷り込みやすくなる=記憶しやすい

に加えて
不確かな短期記憶に全部記憶する必要もなく、いつでもメモを見返せば良いという安心感が持てるので、
3)意識も潜在意識もリラックスできる
などメリットが大きいです。

メモは記憶力アップに役立つ
「きちんと記録する」の続きを読む…

昼寝すると勉強効率が3割アップ

NASA(アメリカ航空宇宙局)の研究によると、約20分の昼寝をとると、宇宙飛行士のパフォーマンスが34%向上することがわかったそうです。

もともと人の身体は昼寝をとるようにできていると言っている科学者もいて、その科学者によれば、身体の自然のリズムを考えると、目覚めてから8時間後に仮眠をとるのがいちばん良いそうです。

記憶力アップの観点からも、そういうわけで昼寝はおすすめです。

昼寝をすると記憶力がアップする

「昼寝すると勉強効率が3割アップ」の続きを読む…

十分な睡眠で記憶力を高める

睡眠の量は、最近習得した情報を思い出す能力に影響すると考えられています。
あなたの脳は寝ているときも活動していて、REM睡眠中に記憶がつくられます。

記憶形成に十分なREM睡眠の時間を確保するためには、大人の場合でも総計7、8時間の睡眠が必要です。

もちろん寝過ぎは逆効果となりますが、現代人のライフスタイルから考えると、ほとんどの人は毎日の生活で、もっと睡眠の量を確保することを考えた方が良いです。

睡眠を十分にすると記憶力を高める

「十分な睡眠で記憶力を高める」の続きを読む…