昼寝すると勉強効率が3割アップ

NASA(アメリカ航空宇宙局)の研究によると、約20分の昼寝をとると、宇宙飛行士のパフォーマンスが34%向上することがわかったそうです。

もともと人の身体は昼寝をとるようにできていると言っている科学者もいて、その科学者によれば、身体の自然のリズムを考えると、目覚めてから8時間後に仮眠をとるのがいちばん良いそうです。

記憶力アップの観点からも、そういうわけで昼寝はおすすめです。

昼寝をすると記憶力がアップする

記憶力がアップする昼寝の方法

環境が許せば、起きてから8時間後に昼寝をしましょう。
時間は約20分がいちばん効果的です。
20分を超えると、かえってパフォーマンスが落ちるといいますし、寝覚めてからだるかったり、夜の睡眠に影響がありますので、20分という時間を守るのが大事です。

横になって寝てしまうと20分ではすまない人は、イスにもたれかかって寝るようにします。
また、できればアイマスクと耳栓と目覚ましアラームを用意しておくと良いでしょう。

「昼寝すると勉強効率が3割アップ」の関連記事

十分な睡眠で記憶力を高める
あなたにあった学習スタイルを見つける2