記憶には最初が肝心

記憶力アップには、はじめて覚えるときに正しく覚えることが大事です。

あなたは、一度間違えた問題を、次のテストでも同じ間違いを繰り返した経験はありませんか。

人間は、新しい内容を勉強したときに、もし間違った内容を脳にインプットしてしまったら、後になって間違いに気づいても同じミスをする可能性が高いそうです。

たとえば、はじめての場所にドライブして道に迷ったら、次にその場所をドライブすると、最初のときと同じように曲がる角を間違えたりして迷ってしまうことが多いです。

ハイウェイ

これはあなたが、「思い出したくない、思い出してはいけない」と思っていても、脳は直近の間違った記憶を引き出してくるためです。

ですから最初に情報に接するときは、十分に時間をかけてでも正しく理解しておくことが肝心です。
一度間違って覚えた記憶は、あとで修正するのには、実はたいへんなメンタルパワーを要します。それに、もしあなたが同じ質問に対して同じ過ちを繰り返すことになるのは大きなフラストレーションにもなります。

専門家は、最初に正しく覚えるように配慮する学習を「エラーフリー・ラーニング」と呼んでいます。
あなたも「エラー・フリー・ラーニング」を心がけることで、記憶の効率がずっと高まります。

記憶力アップのためのエクササイズ~エラー・フリー・ラーニング

新しいことを学んだり、新しいスキルを修得するときは、間違った内容、誤った動作を覚えないように細心の注意を払ってください。

エラーフリー・ラーニングの関連記事

自分に関わるものとして記憶する
記憶する内容に意味を持たせることで記憶力アップ