集中すること~人は記憶するためには8秒間の集中が必要

前にも述べたように記憶力をアップさせるためには、集中しないといけません。

すなわち、記憶力をアップさせるためには
・注意を阻害するものを排除すること
・シングルタスクにすること(マルチタスクは効率が悪い)
が必要です。

集中力

この理由は、新しい情報を脳に記銘するためには、適度な時間と注意を要するからです。

最新の研究によると、短期記憶から長期記憶に移行するためには満8秒間かかることがわかったそうです。そしてこの8秒の間は、中断することなくずっと集中して注意を向けておく必要があります。
どんな記憶のトリックもこの原理を破ることは出来ません。

8秒間注意を継続するひとつの方法としては
大声で今やっていることを言う
ということがあります。

たとえば、いつも携帯電話をどこに置いたか忘れてします人は
声に出して「私は携帯電話を○○に置きます」とはっきりと言ってみましょう。
(もちろん8秒間言い続けます)
こうすれば、携帯電話をどこに置いたかわからなくなって、慌てて探し回ることはなくなるはずです。

記憶力アップのための集中エクササイズ

ながら勉強が集中力を阻害することを実感しましょう。

次の3つの環境で勉強や読書をして、効果を比べてみてください。

  • ロック音楽やラジオを流しながら勉強する
  • 歌詞のないクラシック音楽を流しながら勉強する
  • 静かな環境で勉強する

ながら勉強のクセがついている人は最初は辛いでしょうが、1週間だけ我慢して続けてみてください。
静かな環境で集中して勉強することで、記憶量が大幅に増えていることがわかるはずです。
なお、それでも、どうしても音楽がないとダメだという人は、歌詞のない曲を選ぶようにしてください。

集中力と記憶力の関連記事

ダブルタスクは危険