古代インド式記憶力アップ法 秘伝ムドラー

手は外に出た脳であると言われます。
手を使うことで、脳の活動も活発になります。専門家も指回し体操や楽器演奏などを脳の活性化のために勧めることが多いです。

古くは日本の忍者も、職業柄抜群の記憶力を持っていましたが、それを支えたのは九字の法という手印だとされています。

インドでもムドラー(Mudra)と呼ばれる手印(「印相」とも言われます)によって頭脳が活発に働いて、記憶力がアップすると伝わっていますので、その内容を紹介します。

記憶力アップのムドラー
「古代インド式記憶力アップ法 秘伝ムドラー」の続きを読む…