十分な睡眠で記憶力を高める

睡眠の量は、最近習得した情報を思い出す能力に影響すると考えられています。
あなたの脳は寝ているときも活動していて、REM睡眠中に記憶がつくられます。

記憶形成に十分なREM睡眠の時間を確保するためには、大人の場合でも総計7、8時間の睡眠が必要です。

もちろん寝過ぎは逆効果となりますが、現代人のライフスタイルから考えると、ほとんどの人は毎日の生活で、もっと睡眠の量を確保することを考えた方が良いです。

睡眠を十分にすると記憶力を高める

「十分な睡眠で記憶力を高める」の続きを読む…

学習のルーティーンに変化をつける

前回、前々回に紹介したように、自分に合った学習スタイルを見つけることも重要ですが、一方で同じやり方をずっと続けることにも「飽きる」という問題があります。

マンネリは頭脳活動の敵です。
ギアをスイッチして、新しい気持ちで勉強に取り組めるような工夫をしましょう。

たまに環境を変えて勉強すると効率が上がる

「学習のルーティーンに変化をつける」の続きを読む…

あなたにあった学習スタイルを見つける2

前回に続いて、自分に合った学習スタイルを見つけるのに役立つ理論を紹介します。
前に紹介したデービッド・コルブの4つの学習スタイルよりはわかりやすく、実際にも応用しやすいものだと思います。

リタ・ダン&ケン・ダンは、80年以上に及ぶ子どもの学習に関する調査をまとめて、学習に影響を与える要因を5つの領域に分類しています。

学習スタイルが記憶力に影響する
「あなたにあった学習スタイルを見つける2」の続きを読む…

あなたにあった学習スタイルを見つける1

記憶力アップのためには、自分に適合した学習スタイルを見つけることが重要です。

じぶんの得意な学習スタイルで勉強すると、理解が早く、学んだことを効果的に自分のものにすることができます。
今回はあなたに合った学習スタイルを見つけるのに役立つ2つの理論を紹介します。

勉強するスタイル
「あなたにあった学習スタイルを見つける1」の続きを読む…