反復学習で記憶力アップ

反復学習は、詰込み学習や一夜漬け勉強の反対の考え方の学習法です。

呼んで下さっている方のなかにも、試験のために一夜漬けで覚えたことは、その後はほとんど覚えていないという経験をしている方も多いかと思います。

それとは逆に、反復学習では長期間に何度も繰り返し復習する(しかも復習は短時間でOK!)ので、勉強の総時間は一夜漬けの詰込み勉強法と同じくらいでも、いざ試験などのときに思い出せる量ははるかに多いことが科学的にもわかっているそうです。
paper-texture
「反復学習で記憶力アップ」の続きを読む…

難しいことははじめにやってしまう

記憶力アップのための1方法として、勉強の順番を考えてみましょう。
私たちは、たいていはテキストに書いてある順や講義で教わった順に勉強するものですが、これを考え直してみてはどうでしょうか。

人は、ある情報の固まりを記憶する際に、最初と最後の方をよく憶えています、
このことを心理学では「系列位置効果」(初頭効果・新近効果)と呼んでいます。
(英語では「シリアル・ポジション・エフェクト」と言います)

位置効果で記憶力アップ

「難しいことははじめにやってしまう」の続きを読む…

記憶には最初が肝心

記憶力アップには、はじめて覚えるときに正しく覚えることが大事です。

あなたは、一度間違えた問題を、次のテストでも同じ間違いを繰り返した経験はありませんか。

人間は、新しい内容を勉強したときに、もし間違った内容を脳にインプットしてしまったら、後になって間違いに気づいても同じミスをする可能性が高いそうです。

たとえば、はじめての場所にドライブして道に迷ったら、次にその場所をドライブすると、最初のときと同じように曲がる角を間違えたりして迷ってしまうことが多いです。

ハイウェイ
「記憶には最初が肝心」の続きを読む…

記憶が定着する時間を持つ

先に短期記憶から長期記憶に移行するためには満8秒間の集中が必要だという話をしましたが、さらに定着させるためのコツについてお話します。

それは勉強後に記憶を定着させるための数分の時間を持つということです。

勉強した後にはすぐにスイッチを切り替えて、ゲームをしたり、テレビを見たくなると思います。
またはじっと座っていた反動で身体を動かしたくなってると思います。
でも、そこは少し我慢して、静かにリラックスして、脳の記憶の貯蔵庫に今日そこまで学んだことを整理してインプットしてみましょう。

記憶を定着させる

「記憶が定着する時間を持つ」の続きを読む…

集中すること~人は記憶するためには8秒間の集中が必要

前にも述べたように記憶力をアップさせるためには、集中しないといけません。

すなわち、記憶力をアップさせるためには
・注意を阻害するものを排除すること
・シングルタスクにすること(マルチタスクは効率が悪い)
が必要です。

集中力

この理由は、新しい情報を脳に記銘するためには、適度な時間と注意を要するからです。

「集中すること~人は記憶するためには8秒間の集中が必要」の続きを読む…